【スバル・レヴォーグ】維持費やローンは?残価設定にすべきなの?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

スバリストと呼ばれる根強いファンが多いスバルのイチオシ車種、スバルレヴォーグ

そんなレヴォーグの購入を検討している人のために維持費やローン、残価設定について調べてみました!





スバルレヴォーグのローンはどのくらい?

スバルレヴォーグのローンはどのくらい?引用:https://gazoo.com/ilovecars/vehiclenavi/181020.html

モデルチェンジを重ねながら、高い安全性能をはじめ、

着実に進化を重ねてきたスバルレヴォーグ。

月々の支払で計画的に購入できるローンを検討している方も多いと思います。

まずは、スバルレヴォーグのグレード別の新車価格について調べてみました。

【スバルレヴォーグの販売価格をCheck!】

スバルレヴォーグのローンはどのくらい?

https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

スバルレヴォーグ 1.6ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT”

・1.6GTEyeSight              2,862,000円

・1.6GTEyeSightS-style  2,926,800円

・1.6GT-SEyeSight          3,078,000円

・1.6STI SportEyeSight   3,564,000円

スバルレヴォーグのローンはどのくらい?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

スバルレヴォーグ 2.0ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT”

・2.0GT-SEyeSight          3,618,000円

・2.0STI SportEyeSight 4,050,000円

となっています。

スバルレヴォーグのローンはどのくらい?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/design/exterior.html

フラッグシップモデルとされている2.0STI SportEyeSightが

4,050,000円、スタンダードモデルである1.6GTEyeSightとの

差は1200000円近くありますね。

1.6L、2.0Lという規格の違いはありますが、

幅広いグレードが用意されているのがスバルレヴォーグの特徴といえます。

 

本体の価格にオプション価格や取得のための税金や

手数料などがかかってきますが、概ね300万円前後の

スタンダードモデル、それ以上を求める方は400万円台までの

上級モデルが用意されています。

 

では、次にローンで購入した場合の金額を調べてみました。

【スバルレヴォーグのローンをCheck!】

スバルレヴォーグのローンはどのくらい?

https://www.subaru.jp/accessory/levorg/

ローンの支払額は、選ぶグレードやカラー、金利や支払い年月によっても

変わってきます。

実質年率3.9%の5年ローン、頭金なし、ボーナス返済なしとしておきます。

 

◎1.6ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT”の毎月のローン支払金額の目安

・1.6GTEyeSight              56400円

・1.6GTEyeSightS-style  57600円

・1.6GT-SEyeSight          58700円

・1.6STI SportEyeSight   67200円

スバルレヴォーグのローンはどのくらい?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

◎2.0ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT”の毎月のローン支払金額の目安

・2.0GT-SEyeSight          68800円

・2.0STI SportEyeSight 82500円

※各種の税金や手数料は含んでいません。

スバルレヴォーグのローンはどのくらい?引用:https://www.sti.jp/parts/levorg_vm/package/P0017VA460/

最もお手軽なモデルでおおむね5万円台中ごろ、

最も高級なモデルで8万円を超えるという結果になりました。

この金額は本体価格のみで、特別料金のかかるカラーや、

オプションなどは含んでいません。

ボーナス払いや頭金をもう少し頑張れば、月々の

支払額は更におさえることができます。





スバルレヴォーグの残価設定はいくらなの?

スバルレヴォーグの残価設定はいくらなの?引用:https://www.subaru.jp/levorg/smartedition/specialequip/

スバルレヴォーグのローン金額について詳しく調べてみましたが、

やっぱりローンでは月々の負担がしんどい、もっとリーズナブルに

購入できれば、という方もいるかもしれません。

そんな方におすすめなのが、近年ローン以外の方法として注目を

集めている残価設定クレジットです。

 

残価設定とは、支払総額の全額ではなく、3年後の下取り価格を

除いた金額を、設定された期間に応じて分割して支払う方法です。

例えば、1,000,000円の費用に対して、3年後の残価(下取り価格)が

500,000円とすると、支払総額は残りの500,000円となるため、

支払総額はぐっと抑えることができます。

では、3年後にどうなるかというと、概ね3つのパターンが用意されています。

①同じ販売店で新車を購入する

②車を売却する

③残価を支払って、車を購入する

③の場合は、新たに残額に対するローンを組むか、一括で精算する

パターンがあります。

スバルレヴォーグの残価設定はいくらなの?引用:https://www.subaru.jp/levorg/smartedition/specialequip/index.html

それでは、スバルレヴォーグの残価設定を調べていきましょう

【スバルレヴォーグの残価設定クレジットをCheck!】

残価設定金利3.9%、頭金なし、ボーナス返済なし、34回払いとしておきます。

 

◎1.6ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT”の毎月のローン支払金額の目安

・1.6GTEyeSight              54900円

・1.6GTEyeSightS-style  56000円

・1.6GT-SEyeSight          58700円

・1.6STI SportEyeSight   67200円

 

◎2.0ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT”の毎月のローン支払金額の目安

・2.0GT-SEyeSight          68800円

・2.0STI SportEyeSight 76400円

※各種の税金や手数料は含んでいません。

 

というような金額になりました。

お支払い回数や金利、スペシャルカラー、ボーナス払いや頭金の

額によって金額は変わりますので、

あくまで目安として参考にしてください。

残価設定の場合、概ね月々の支払額は

5万円台から7万円台後半になっています。

全額ローンに比べると、若干ですが月々の負担は楽になりそうですね。





スバルレヴォーグの維持費結局どのくらいかかるの?

スバルレヴォーグの維持費結局どのくらいかかるの?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/design/exterior.html

一般的なローン支払いと残価設定クレジットの両方から、

スバルレヴォーグを購入するために必要な金額を調べてみました。

しかし、車体価格以外にもさまざまな維持コストがかかるのが

自動車オーナーの悩みどころ。

ここではスバルレヴォーグに必要な維持費を調べてみました!

※金額などはすべて当社調べです。目安としてご確認ください。

【スバルレヴォーグの維持費をCheck!】

◎自動車保険

近年、インターネットサービスも増え、更に充実してきた

自動車保険。

万が一の事故や、アクシデントに備えてぜひとも加入しておきましょう。

契約プランや特典、車種、ドライバーの年齢などによって金額はかわってきます。

スバルレヴォーグの場合、

年間38,000~52,000円

前後の自動車保険プランを選択するオーナーが主流のよう。

事故対応やサービスの良しあしは、インターネットの口コミなどでも

調べることができますのでご自身にあった保険会社のプランを

選んでくださいね。

 

◎ガソリン代

日々の暮らしに最も直結している維持費がガソリン代です。

単価は経済の情勢の影響を受けて変わりますし、高騰することで

毎月の家計も圧迫してしまいます。

スバルレヴォーグのガソリン代の目安は

年間10,000キロ走行、ガソリン代を1リットルあたり140円で

計算した場合

◎1.6ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT” カタログ値燃費16.0km/Lの場合

10,000÷16.0×140=年間87500円

◎2.0ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT”  カタログ値燃費13.2 km/Lの場合

10,000÷13.2×140=年間106060円

となりました。

 

◎車検代

燃費の次に大きくかかってくる維持費は、車検費用ではないでしょうか。

新車は3年に1回、それ以降は2年に1回車検を通さなければなりません。

車検を依頼する業者やプランによっても値段は変わりますが、

スバルレヴォーグの車検はおおむね

・65,000円~120,000円

の代金が主流のようです。

新車で購入するとして、この金額を3年で割ってみると、

1年間に必要な費用は

21666円~40000円となります。

 

こうしてみるとけっこうかかるものですね。。

これ以外にも、エンジンオイルの定期的な交換や、消耗品・

メンテナンスパーツ、駐車料金なども加わります。

維持費をなるべく正確に把握して、車選びに役立ててください。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

【スバル・レヴォーグ】を70万円も安く買う方法とは何か!?

スバルのレヴォーグかっこいいですよね!?

しかもスバルの予防安全として有名な
アイサイトも搭載していて、
運転も安心です。

休日にレヴォーグで
ちょっとした旅行、キャンプもいいですね!
アクティブなパパを演出できます!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「レヴォーグ欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
レヴォーグに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のレヴォーグを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
レヴォーグの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


 

スバルレヴォーグの関連記事はこちら!

【スバル・レヴォーグ】不具合とリコール情報紹介!対応はどう?

【スバル・レヴォーグ】口コミや評価評判を紹介!良いの?悪いの?

【スバル・レヴォーグ】価格・費用は?グレードで違いはあるのか?

【スバル・レヴォーグ】納期や納車状況はどう?納車待ちはある?

【スバル・レヴォーグ】燃費や実燃費はどう?燃費向上してるの?

【スバル・レヴォーグ】内装や内装色は選べるの?内寸はどうなの?

【スバル・レヴォーグ】値引きで買いたい!相場や限度額はいかに!

【スバル・レヴォーグ】カラーや色見本を紹介!人気カラーは何?

【スバル・レヴォーグ】試乗評価は実際に乗って…良いの?悪いの?

【スバル・レヴォーグ】スペックや加速性能、乗り心地はどうなの?

【スバル・レヴォーグ】エコカー減税で自動車税の費用が減るのか?

【スバル・レヴォーグ】サイズ比較とサイズ感は?他車とも比べる

【スバル・レヴォーグ】モデルチェンジ予想!情報・時期はどうなの?

【スバル・レヴォーグ】外寸や外装は?機械式駐車場に入るのか!?

【スバル・レヴォーグ】安全性はどう?自動ブレーキはいいのか!?

【スバル・レヴォーグ】維持費やローンは?残価設定にすべきなの?

【スバル・レヴォーグ】STI Sportは何が違う?紹介します!

ピックアップ記事

  1. レヴォーグはステーションワゴンとしての人気を確立している傍らで積載能力やサイズ感はどうなのか気になる…
  2. ミニバンタイプや軽自動車が主流の現在にあって、ステーションワゴンへのこだわりをしっかりと受け継ぐスバ…
  3. 2014年に登場したレヴォーグ、現行のE型が登場したのは今年2018年の6月です。4年間少しずつ…
  4. 日本を代表する本格スポーティーワゴンとしてアウトドアにも積極的に活用したいスバルレヴォーグ。…
  5. 結局、ディーラーによる下取りと専用店による買取はどっちがよいのか?分かりずらくて困ったことは…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP