【スバル・レヴォーグ】安全性はどう?自動ブレーキはいいのか!?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

ミニバンタイプや軽自動車が主流の現在にあって、ステーションワゴンへのこだわりをしっかりと受け継ぐスバルの人気車レヴォーグ

家族とともにドライブすることも多い車種であることから、安全機能が気になる方も多いはず。

今回はスバルレヴォーグの安全性や自動ブレーキについて調べてみました。





スバルレヴォーグは運転しやすい?しにくい?

スバルレヴォーグは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

スバルレヴォーグの運転はしやすいのでしょうか。

まずは運転席から見た視界について調べてみます。

運転席からの視界が見えにくいと危険を感じるだけでなく圧迫感も生じますよね。

【スバルレヴォーグの前方視界をCheck!】

スバルレヴォーグは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

スバルレヴォーグは、運転に自信のないドライバーにうれしい

良好な前方視界が特徴です。

ピラーと呼ばれる柱の形状や、サイドミラーの位置が工夫されているので、

左折の際やコーナリング時に視界が妨げられにくい設計になっています。

前方視界だけでなく、後席のピラーも小さくつくられているので、

見えにくいことが多い左後方の死角が減っており、リヤゲートウインドゥの

形も、後方確認がしやすい設計です。

また、ハイビームとロービームを1灯で切り替える

LEDハイ&ロービームランプを採用されており、夜間の視界もみやすくなっています。

ハイビームにもLEDが採用されているだけでなく、ウォッシャーも装備されて

いるので、雪道や泥道など、アウトドア環境でも明るさしっかりと

保ってくれます。

スバルレヴォーグは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.subaru.jp/levorg/smartedition/specialequip/

また、ヘッドランプはハンドル操作に連動して動く点もスバルレヴォーグの特徴。

カーブや右左折の際に、しっかりと前方を照らし、歩行者や車の

確認がしやすくなり、夜道でもスムーズな走行を助けてくれます。

【スバルレヴォーグのシートをCheck!】

自動車の運転のしやすさは、シートのクオリティーにも大きく左右されます。

スバルレヴォーグのシートは、シートバックのメイン部とサイド部の素材の硬さが異なっている点が特徴で、走行時の路面からの衝撃を吸収しやすく、疲れにくい硬さに仕上がっている点が特徴。

また、シート設計には人体の構造を研究した細かな配慮がなされており、ドライバーのバランスよく支え、しっかりとサポートされるので、運転中の姿勢が保たれます。

長時間のドライブでも、疲れにくい点も、うれしいですよね。

【スバルレヴォーグのドライビング装備をCheck!】

スバルレヴォーグは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

スバルレヴォーグには、さまざまな機能で運転のしやすさを

向上してくれます。

5.9インチの大型カラー液晶画面を備えたマルチファンクションディスプレイは

燃費情報やVDCの作動状態、メンテナンス項目など、さまざまな表示を

見やすく教えてくれます。

助手席からも操作できる位置にセンターパネルがある点も見逃せません。

また、信号待ちなどで停車する際、ブレーキペダルを離しても

停まり続けるオートビークルホールドも搭載。渋滞や坂道などでは

特に重宝します。





スバルレヴォーグの安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?

近年、自動車メーカー各社が特に力を入れているのが、

自動ブレーキをはじめとする安全機能です。

燃費や価格だけでなく、安全性を考慮するようになったドライバーも多くなりました。

そこで、ここではスバルレヴォーグの自動ブレーキ機能や安全性について調べてみました。

スバルレヴォーグの安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?引用:https://www.subaru.jp/levorg/smartedition/specialequip/index.html

【スバルレヴォーグの自動ブレーキの特徴をCheck!】

スバルレヴォーグの自動ブレーキの仕組みは、スバルを代表する技術である

アイサイトが支えています。

アイサイトは、人間同様に、2つの眼(カメラ)を使って、前方の物体の種類や距離、

移動速度をなどを認識するシステムです。障害物を三次元的に認識することで、より

的確に、素早く自動ブレーキを働かせることができます。

ステレオカメラだけを使って全ての制御を実現しているのはスバルのアイサイトだけ

となっており、まさにスバルのオンリーワン技術といえるでしょう。

スバルレヴォーグの安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?引用:http://chubu-jihan.com/subaru/news_list.php?page=contents&id=275

このシステムを使ったプリクラッシュブレーキは、まず衝突の危険を

察知すると、ドライバーに注意をうながし、回避操作が確認されなかった

場合は、ブレーキを制御して、自動的に減速または停止してくれるすぐれもの。

前を走る車とのスピードが約50km/h以内の違いであれば、衝突回避や被害軽減

をしてくれます。

前方だけでなく、バック走行時の衝突も防いでくれる機能もあります。

ボディの後ろにソナーセンサーがあるため、障害物を検知すると

警報音と表示で教えてくれるので安心。

こちらも衝突回避の動きが確認されない場合自動的にブレーキを

制御してくれます。

また、AT誤発進抑制制御 とAT誤後進抑制制御機能も

搭載していて、ブレーキとアクセルを踏み間違えたり、

シフトレバーをまちがったまま発進しることを防いでくれるため、

高齢の方などにも好評を得ています。

スバルレヴォーグの安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

こうした充実の安全性をもつアイサイトですが、

新型レヴォーグに搭載されているアイサイトは

さらなる進化を遂げた最新モデルが搭載されています。

長時間単調な走行が続いたり、渋滞も多い高速道路などでのストレスを

軽減してくれるツーリングアシスト機能がその目玉。

アクセルやブレーキ、ハンドル操作に至るまでを自動で行ってくれるので、

長距離運転もらくらく。ぜひ一度はこの機能を試して欲しいと思います。





スバルレヴォーグの横滑り防止機能の性能はいかに!?

先進の安全機能であるアイサイトで知られるスバルですが、

横滑り対策にはどのような機能が搭載されているのでしょうか?

自動車事故の中には物損事故や人身事故、その損傷具合もさまざまですが、

走行時の横滑りは大きな事故にもつながりやすいので気になりますよね。

スバルレヴォーグの横滑り防止機能の性能はいかに!?引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/safety_active.html

【スバルレヴォーグの横滑り防止機能の特徴をCheck!】

スバルレヴォーグの自動ブレーキ防止機能は、

VDC(ビークルダイナミクスコントロール)という機能が使われています。

これは、コーナリングや急な危険回避の時の安定性を高めるための

システムで、コントロールが難しい局面では4輪それぞれを個別にブレーキ制御し、

エンジンの出力を制御し、AWDトルクの配分も制御するなど、

横滑りなどクルマの不安定な挙動を抑えてくれます。

 

また、危険回避性能をさらに高めるアクティブ・トルク・ベクタリング

という先進機能も搭載。

クルマが旋回している時、上記のVDCがフロントの内輪側にブレーキをかけ、

外輪側の駆動力を大きくすることで、より旋回しやすくする技術です。

【スバルレヴォーグのその他の安全性能をCheck!】

スバルレヴォーグの横滑り防止機能の性能はいかに!?

https://www.subaru.jp/accessory/levorg/

VDC(ビークルダイナミクスコントロール)以外にも、安定した

走行をもたらせてくれる設計がなされているのがスバルレヴォーグの特徴。

水平対向エンジンと左右対称(SYMMETRY)パワートレーンからなる

シンメトリカルAWDはスバル独自のシステム。

重心位置が低いため、前後左右の重量がバランスよく配置されており、

路面状況の悪いシーンでも安心で、高速道路の疲労を軽減してくれる他、

スポーティなハンドリング感も楽しめます。

 

また、シャシーとボディは高剛性に設計されており、

ハンドル制御が向上することで、危険回避性能も上がっています。

さらに、ボディのさまざまなところに、ねじり・曲げ剛性を高めた

高張力鋼板が採用されており、ワゴンタイプながら俊敏な走行と

快適な乗り心地を実現しています。

いかがでしたでしょうか。

こうして振り返ってみると、さすがスバルともいうべき

スバルレヴォーグの横滑り防止機能の性能はいかに!?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/design/exterior.html

安全性能の高さがわかりますね。

お一人でのドライブはもちろん、ご家族やお子さま

を載せることの多いドライバーにもおすすめできる車種と

いえるでしょう。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

【スバル・レヴォーグ】を70万円も安く買う方法とは何か!?

スバルのレヴォーグかっこいいですよね!?

しかもスバルの予防安全として有名な
アイサイトも搭載していて、
運転も安心です。

休日にレヴォーグで
ちょっとした旅行、キャンプもいいですね!
アクティブなパパを演出できます!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「レヴォーグ欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
レヴォーグに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のレヴォーグを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
レヴォーグの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


 

スバルレヴォーグの関連記事はこちら!

【スバル・レヴォーグ】不具合とリコール情報紹介!対応はどう?

【スバル・レヴォーグ】口コミや評価評判を紹介!良いの?悪いの?

【スバル・レヴォーグ】価格・費用は?グレードで違いはあるのか?

【スバル・レヴォーグ】納期や納車状況はどう?納車待ちはある?

【スバル・レヴォーグ】燃費や実燃費はどう?燃費向上してるの?

【スバル・レヴォーグ】内装や内装色は選べるの?内寸はどうなの?

【スバル・レヴォーグ】値引きで買いたい!相場や限度額はいかに!

【スバル・レヴォーグ】カラーや色見本を紹介!人気カラーは何?

【スバル・レヴォーグ】試乗評価は実際に乗って…良いの?悪いの?

【スバル・レヴォーグ】スペックや加速性能、乗り心地はどうなの?

【スバル・レヴォーグ】エコカー減税で自動車税の費用が減るのか?

【スバル・レヴォーグ】サイズ比較とサイズ感は?他車とも比べる

【スバル・レヴォーグ】モデルチェンジ予想!情報・時期はどうなの?

【スバル・レヴォーグ】外寸や外装は?機械式駐車場に入るのか!?

【スバル・レヴォーグ】安全性はどう?自動ブレーキはいいのか!?

【スバル・レヴォーグ】維持費やローンは?残価設定にすべきなの?

【スバル・レヴォーグ】STI Sportは何が違う?紹介します!

ピックアップ記事

  1. スポーティワゴンのレヴォーグと、SUVタイプのフォレスター。スタイルの違いはあれど、同じスバ…
  2. 今人気車種となっているスバルレヴォーグ。やはり車を買うとしたら内装や内装色は気になるところで…
  3. 今や人気車種となっているレヴォーグ。今回はそのボディカラーと手入れの仕方について紹介していき…
  4. スバルレヴォーグについて下調べもばっちりでいざ購入!ちょっとまてよ、購入後すぐにマイナーチェ…
  5. 日本を代表する本格スポーティーワゴンとしてアウトドアにも積極的に活用したいスバルレヴォーグ。…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP