【スバル・レヴォーグ】外寸や外装は?機械式駐車場に入るのか!?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

大人感あふれる魅力で人気のスバルレヴォーグ

スポーツワゴン特有のスケール感と軽やかなフィールが特徴です。。

そこで、スバルレヴォーグのサイズや高さ、エクステリアの特徴やパーツについて調べてみました!





スバルレヴォーグの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?

スバルレヴォーグの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:https://www.sti.jp/parts/levorg_vm/package/P0017VA460/

走行性能だけでなく、十分なボディサイズとゆとりがあり快適な

車内空間もその人気の秘密です。

それでは実際のサイズを調べてみましょう!

【スバルレヴォーグのサイズをCheck!】

スバルレヴォーグの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:https://www.subaru.jp/levorg/smartedition/specialequip/index.html

スバルレヴォーグ

<全長> 4690mm

<全幅> 1780mm

<全高> 1490~1500mm

<ホイールベース> 2,650mm

<トレッド[前/後]>      1525 mm /1535 mm     1530 mm /1540 mm

全長、全幅ともに現グレードで共通です。

いわゆる3ナンバーサイズに分類されるスバルレヴォーグですが

日本の道路状況に合わせて設計されており、

ほどよい全長が保たれ、とりまわしがしやすくなっているのが特徴です。

スバルレヴォーグの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:https://gazoo.com/ilovecars/vehiclenavi/181020.html

全高は、

1.6GTEyeSight:1495mm

1.6GTEyeSight、S-style、1.6GT-SEyeSight:1500mm

1.6STI SportEyeSight、2.0GT-SEyeSight、2.0STI SportEyeSight:1490 mm

となっています。

おおよそ1500mmの全高も、過度な揺れをおさえながらも

室内の空間をしっかりと確保した絶妙なサイズ感といえるのでは

ないでしょうか?

【スバルレヴォーグの室内サイズをCheck!】

スバルレヴォーグの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/utility/package.html

スバルレヴォーグ

1.6GTEyeSight、1.6GTEyeSight、S-style、1.6GT-SEyeSight、

1.6STI SportEyeSight、2.0GT-SEyeSight、2.0STI SportEyeSight 共通

<室内長> 2005mm

<室内幅> 1490mm

<室内高> 1205mm

2列シート5人乗りタイプのスバルレヴォーグは

大型ミニバンに比べると見劣りする者の、

4名~5名で乗っても十分なゆとりがあります。

【スバルレヴォーグのラゲッジスペースをCheck!】

スバルレヴォーグの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/utility/package.html

スバルレヴォーグ ラゲッジスペース

長さ:最大1632mm

幅:1080mm

容量:522ℓ(VDA法)

2列目シートは倒して、長さのある荷物も搭載可能となっており、

荷室フロアは横幅1080mmと十分なため、自転車等も積みやすい設計。

隅々まで効率良く使えるフラットな空間となっており、

ちょうどよい使い勝手が魅力です。

2分割フロアボードの前側を外せば2段階のスペースがとられており、

小物や背の高い荷物もらくらく積める細やかな配慮もなされています。





スバルレヴォーグは機械式駐車場に入るのか!?

スバルレヴォーグは機械式駐車場に入るのか!?引用:https://www.shinmaywa.co.jp/ptec/products/shoukou_oukou_pit.html

スポーティーな走りと、ユーティリティーに溢れた機能性が特徴の

ミニバン、スバルレヴォーグ。

5人乗りで、荷物もたっぷりと積めるため、幅広い層に

人気の車種といえるでしょう。

ラゲッジスペースのレイアウトを変更可能で、シーンに合わせた

使い勝手の良さに魅力を感じて購入を検討するドライバーが多い

スペースですが、マンションなどに設置されている機械式駐車場

や、街中で立体駐車場を利用せざるを得ない方にもおすすめできるのでしょうか。

機械式駐車場に適応するサイズどうかを調べてみました。

【スバルレヴォーグと機械式駐車場の大きさをCheck!】

スバルレヴォーグは機械式駐車場に入るのか!?引用:https://www.subaru.jp/accessory/levorg/

スバルレヴォーグ

<全長> 4690mm

<全幅> 1780mm

<全高> 1490~1500mm

※1.6GTEyeSight、1.6GTEyeSight、S-style、1.6GT-SEyeSight、

1.6STI SportEyeSight、2.0GT-SEyeSight、2.0STI SportEyeSight共通

機械式駐車場のよくあるサイズ制限

<全長> 4700~5000mm

<全幅> 1750~1900mm

<全高> 1550~1570mm

※当サイト調べ

全長4690mm、全高1490~1500mmという程よいサイズは、

ともに平均的な機械式駐車場に収まるサイズといえるでしょう。

全幅に余裕があるスバルレヴォーグですが、

こちらも多くの機械式駐車場に収まるサイズです。

※入庫前に必ずサイズを確認してください。

 

機械式駐車場に収まるかどうかは、購入の大きな

条件にもなっています。

サイズ感はおさえながらも、たっぷりとしたラゲッジスペースと

ゆとりのある室内空間をもつスバルレヴォーグは

幅広いタイプのドライバーさんにおすすめといえるでしょう。

スバルレヴォーグは機械式駐車場に入るのか!?引用:https://www.subaru.jp/levorg/stisport/special/photo.html

しかし、機械式駐車場に入るかどうかは、サイズだけでなく

重量にも注意が必要です。

駐車場によって重量制限が異なりますが、

スバルレヴォーグの重量は、

1.6GTEyeSight <車両総重量> 1815kg

1.6GTEyeSightS-style <車両総重量> 1825kg

1.6GT-SEyeSight <車両総重量> 1835kg

1.6STI SportEyeSight <車両総重量> 1835kg

2.0GT-SEyeSight <車両総重量> 1845kg

2.0STI SportEyeSight <車両総重量> 1845kg

となっています。

多くの機械式駐車場では重量制限が2000kg前後に

設定されていますが、こちらも駐車前に確認しておきましょう。





スバルレヴォーグの気になる外装、外装パーツは?

スバルレヴォーグの気になる外装、外装パーツは?引用:https://www.subaru.jp/accessory/levorg/exterior/

年齢や性別を問わず、多くのユーザーに人気のスバルレヴォーグ。

スバルらしい上質なエクステリアデザインへの評価も上々となっています。

モデルチェンジを重ねるごとに、フロントやリアなどの

スタイルがブラッシュアップされ、スポーティーなシーンや

日常の走りを彩ってくれます。

 

グレード別では、走りと内外装の質感を徹底的に磨き上げた

フラッグシップモデル2.0STI Sport EyeSightの人気が高く

なっていますが、そのグレードもGTツアラーとして

走りの楽しさを感じさせるデザインが徹底されていますね。

カラーバリエーションは

ストームグレー・メタリック

クリスタルホワイト・パール

アイスシルバー・メタリック

ダークグレー・メタリック

クリスタルブラック・シリカ

ピュアレッド

ラピスブルー・パール

WRブルー・パール

となっています。

STI Sport限定のWRブルー・パールや、

WRブルー・パールなど、独特の発色の良さが魅力ですね。

スバルレヴォーグの気になる外装、外装パーツは?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

【スバルレヴォーグの外装パーツをCheck!】

たくさんのグレードがあるスバルレヴォーグ。

人気の車種だけに、やはり自分だけのオリジナルな1台にしたい

というドライバーも多いはずですよね。

こだわりをたっぷり詰め込んだスバルレヴォーグに仕上げるために欠かせない外装パーツを調べてみました。

◎上級モデル GT-Sグレード装備

LEDハイ&ロービームランプ(ブラックベゼル)、ダークメッキ+ブラック塗装のフロントグリル、18インチアルミホイール、ビルシュタイン製ダンパー(フロント倒立式)。

◎エアロパッケージ

フロントグリル、フロントバンパースカート、リヤアンダーディフューザーなど

◎ディーラー装着オプション

カラードナンバープレートベース&ロック、ホイールロック、ドアバイザー、ルーフ&ウエストスポイラー、リヤアンダーディフューザー、STIフロント/サイド/リヤサイドアンダースポイラー、ボディサイドモールディングなど。

スバルレヴォーグの気になる外装、外装パーツは?引用:https://www.subaru.jp/accessory/levorg/sti/

ドレスアップにこだわりぬきたいドライバーも

満足の幅広いラインアップが魅力ですね!

じっくりと悩みながら、あなただけのスバルレヴォーグに仕上げてください!

 

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

【スバル・レヴォーグ】を70万円も安く買う方法とは何か!?

スバルのレヴォーグかっこいいですよね!?

しかもスバルの予防安全として有名な
アイサイトも搭載していて、
運転も安心です。

休日にレヴォーグで
ちょっとした旅行、キャンプもいいですね!
アクティブなパパを演出できます!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「レヴォーグ欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
レヴォーグに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のレヴォーグを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
レヴォーグの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


 

スバルレヴォーグの関連記事はこちら!

【スバル・レヴォーグ】不具合とリコール情報紹介!対応はどう?

【スバル・レヴォーグ】口コミや評価評判を紹介!良いの?悪いの?

【スバル・レヴォーグ】価格・費用は?グレードで違いはあるのか?

【スバル・レヴォーグ】納期や納車状況はどう?納車待ちはある?

【スバル・レヴォーグ】燃費や実燃費はどう?燃費向上してるの?

【スバル・レヴォーグ】内装や内装色は選べるの?内寸はどうなの?

【スバル・レヴォーグ】値引きで買いたい!相場や限度額はいかに!

【スバル・レヴォーグ】カラーや色見本を紹介!人気カラーは何?

【スバル・レヴォーグ】試乗評価は実際に乗って…良いの?悪いの?

【スバル・レヴォーグ】スペックや加速性能、乗り心地はどうなの?

【スバル・レヴォーグ】エコカー減税で自動車税の費用が減るのか?

【スバル・レヴォーグ】サイズ比較とサイズ感は?他車とも比べる

【スバル・レヴォーグ】モデルチェンジ予想!情報・時期はどうなの?

【スバル・レヴォーグ】外寸や外装は?機械式駐車場に入るのか!?

【スバル・レヴォーグ】安全性はどう?自動ブレーキはいいのか!?

【スバル・レヴォーグ】維持費やローンは?残価設定にすべきなの?

【スバル・レヴォーグ】STI Sportは何が違う?紹介します!

ピックアップ記事

  1. 大人感あふれる魅力で人気のスバルレヴォーグ。スポーツワゴン特有のスケール感と軽やかなフィール…
  2. オイル交換はどこでどれぐらい、どんなオイル粘度のものを入れたらいいか難しいですよね?選ぶオイルや…
  3. 今や大人気ワゴンのスバルレヴォーグですが、やはり購入したら改造したいですよね。今回はどんな改…
  4. スバリストと呼ばれる根強いファンが多いスバルのイチオシ車種、スバルレヴォーグ。そんなレヴォー…
  5. スタイリッシュなスポーツワゴンといえばスバル・レヴォーグ。かっこいい外観や内装だけでなく、ス…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP