【スバル・レヴォーグ】スペックや加速性能、乗り心地はどうなの?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

スタイリッシュなスポーツワゴンといえばスバルレヴォーグ

かっこいい外観や内装だけでなく、スペックも気になるところ!

また、家族や恋人など、大切な人を乗せる方には乗り心地も気になるし、

走りのパフォーマンス重視派の人は加速性能も知りたいですよね。

今回はそのあたりの情報を調べてみました!





スバルレヴォーグのスペック

スバルレヴォーグのスペック引用:https://gazoo.com/ilovecars/vehiclenavi/181020.html

いざ購入を本格的に考えるとなると、じっくりスペックを調べたいところ。

グレードによっても変わってくることもあるので、主だったスペックは

おさえておきましょう。

【スバルレヴォーグのボディサイズをCheck!】

スバルレヴォーグのスペック引用:https://www.subaru.jp/levorg/stisport/special/photo.html

スバル・レヴォーグのボディサイズから調べてみたいと思います。

<全長>  4,690mm × <全幅>  1,780mm × <全高>  1490~1500mm

<ホイールベース> 2,650mm

<トレッド[前/後]>      1525 mm /1535 mm          1530 mm /1540 mm

となっています。

スポーティーなワゴンとしてはちょうどよいサイズ感ですね。

唯一グレードによって異なる全高は、1.6GTEyeSightが1495mm、1.6GTEyeSight

S-styleと1.6GT-SEyeSightが1500mm、1.6STI SportEyeSight、2.0GT-SEyeSight、2.0STI SportEyeSightが1490と、微妙な差があるので注意してください。

【スバルレヴォーグのパワーをCheck!】

エンジンに定評のあるスバルの人気車種、レヴォーグだけに、エンジンが生み出す

パワーは気になる人も多いのではないでしょうか。

水平対向4気筒のエンジンは2タイプに分かれています。

 

1.6ℓ DOHC直噴ターボ“DIT” (1.6GTEyeSight、1.6GTEyeSightS-style、1.6GT-SEyeSight、

1.6STI SportEyeSight)

総排気量1599cc

最高出力[ネット]125(170)/4800-5600[kW(PS)/rpm]

最大トルク[ネット]250(25.5)/1800-4800[N・m(kgf・m)/rpm]

 

2.0ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT” (2.0GT-SEyeSight、2.0STI SportEyeSight)

総排気量1998 cc

最高出力[ネット]221(300)/5600[kW(PS)/rpm]

最大トルク[ネット]400(40.8)/2000-4800[N・m(kgf・m)/rpm]

スバルレヴォーグのスペック引用:https://gazoo.com/ilovecars/vehiclenavi/181020.html

となっています。

1.6リッタータイプでも十分なパワーが楽しめますが、

2.0リッタータイプは更に満足できそうですね!

【スバルレヴォーグの燃費性能をCheck!】

たっぷりとしたエンジンパワーも、燃費性能が悪くては

魅力が半減します。各タイプの燃費性能を調べてみました。

スバルレヴォーグのスペック引用:https://www.subaru.jp/accessory/levorg/

1.6ℓ DOHC直噴ターボ“DIT” (1.6GTEyeSight、1.6GTEyeSightS-style、1.6GT-SEyeSight、

1.6STI SportEyeSight)

<カタログ値燃費> 16.0km/ℓ

 

2.0ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT” (2.0GT-SEyeSight、2.0STI SportEyeSight)

<カタログ値燃費> 13.2km/ℓ

 

ハイブリッド車には及びませんが、1.6ℓ DOHC直噴ターボ“DIT”タイプであれば悪くない燃費となっています。

パワフルな2.0ℓ DOHC 直噴ターボは13.2kmとややおとりますが、走りのパワーは捨てがたい魅力。どちらも捨てがたいですね!





スバルレヴォーグの乗り心地は…いいのか!?

続いては、スバルレヴォーグの乗り心地について調べてみました。

気になるポイント別にチェックしていきましょう。

スバルレヴォーグの乗り心地は…いいのか!?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/design/interior.html

【スバルレヴォーグのシートをCheck!】

やはり、自動車の乗り心地を左右するのはシートのクオリティーですよね。

特に長時間のドライブになってくると、シートが合うか合わないかで

疲れ具合も変わってくるもの。

スバルレヴォーグのシートはフロントとリヤ共通の要素として、シートバックのメイン部とサイド部の素材の硬さが異なっています。

走行時の路面からの衝撃を吸収しやすく、疲れにくい硬さに仕上がっている点が特徴。

人体の構造を研究した細かな配慮がなされた設計は、ドライバーや同乗者を

バランスよく支え、しっかりとしたサポート感が得られます。

ヘッドレストの角度調整も幅広く、むち打ち対策などに役立てやすい設計です。

【スバルレヴォーグの視界をCheck!】

スバルレヴォーグの乗り心地は…いいのか!?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

運転しやすく、視界に配慮されたスバルの自動車。

前後左右ともに見やすく設計されており、背の低いものや

小さなお子様でも発見しやすくなっています。

視界を妨げにくいピラーの位置取りなど、随所に工夫が施され

良好な視界が確保されています。

【スバルレヴォーグの静粛性をCheck!】

スバルレヴォーグの乗り心地は…いいのか!?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

がたがたとした走行音やノイズが多いと、せっかくの上質な室内空間も

居心地が悪くなるもの。

スバルレヴォーグの静粛性を、実際のオーナーの口コミから調べたところ

概ね良好な答えが多くみられました。

スバルレヴォーグの乗り心地は…いいのか!?引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/design/exterior.html

がっしりとした作りは、車体の安定性を増すだけでなく、

社内の細かな振動を抑える効果もあります。

パワフルなエンジンも、耳障りなノイズが出にくく、

走行中はもちろん、停車中のアイドリング音も静か。

これならアクティブなドライビングだけでなく、

家族でのお出かけの際にも重宝しますね。





スバルレヴォーグの加速性能を報告します!

都心部を中心に、信号が多くストップアンドゴーを繰り返すことの多い

日本の道路では加速力も大切なポイント。

スバルレヴォーグの加速性能をしらべてみました。

スバルレヴォーグの加速性能を報告します!引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

【スバルレヴォーグの加速性能をCheck!】

1.6ℓ DOHC直噴ターボ“DIT”

最高出力[ネット]125(170)/4800-5600[kW(PS)/rpm]

最大トルク[ネット]250(25.5)/1800-4800[N・m(kgf・m)/rpm]

従来で静粛性と軽量性、コンパクト性に優れたリニアトロニックをトランスミッションに採用。

燃費性能を向上させるだけでなく、リニアな加速フィールが特徴です。

 

2.0ℓ DOHC

最高出力[ネット]221(300)/5600[kW(PS)/rpm]

最大トルク[ネット]400(40.8)/2000-4800[N・m(kgf・m)/rpm]

 

こちらは、高出力対応のスポーツリニアトロニックをトランスミッションに採用。

シフト操作に応じてエンジンやメーターが反応するスポーティな特性に仕上げるため、

マニュアルモード時の変速スピードが向上しています。よりスポーティに加速する乗り味が特徴です。

【スバルレヴォーグのオーナーによる加速性能口コミをCheck!】

・フットワークが軽快で、運転が楽しく感じる。

・パワーがあって、車体の重さを感じずに加速する。

・加速はスムーズで運転が楽しい車。

・ターボ車が何よりよく加速感がすばらしい。

・加速が伸びやかで、安定感があります!

スバルレヴォーグの加速性能を報告します!引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

加速に関しては、ほとんど不満の声は見られず、

概ね良好な評価となっています。

ワゴンタイプとはいえ、やはりアクセルをグッと踏み込んだ

ときに軽やかにスピードを上げてくれる感覚は

ドライバーにとって捨てがたい魅力がありますね。

 

いかがでしたでしょうか。

スバルらしい走りと、安全性能をはじめとする機能性が

指示されているスバルレヴォーグ。

乗り心地や加速感、スペック共に上質な一台に仕上がっていると

いえるのではないでしょうか!?

 

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

【スバル・レヴォーグ】を70万円も安く買う方法とは何か!?

スバルのレヴォーグかっこいいですよね!?

しかもスバルの予防安全として有名な
アイサイトも搭載していて、
運転も安心です。

休日にレヴォーグで
ちょっとした旅行、キャンプもいいですね!
アクティブなパパを演出できます!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「レヴォーグ欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
レヴォーグに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のレヴォーグを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
レヴォーグの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


 

スバルレヴォーグの関連記事はこちら!

【スバル・レヴォーグ】不具合とリコール情報紹介!対応はどう?

【スバル・レヴォーグ】口コミや評価評判を紹介!良いの?悪いの?

【スバル・レヴォーグ】価格・費用は?グレードで違いはあるのか?

【スバル・レヴォーグ】納期や納車状況はどう?納車待ちはある?

【スバル・レヴォーグ】燃費や実燃費はどう?燃費向上してるの?

【スバル・レヴォーグ】内装や内装色は選べるの?内寸はどうなの?

【スバル・レヴォーグ】値引きで買いたい!相場や限度額はいかに!

【スバル・レヴォーグ】カラーや色見本を紹介!人気カラーは何?

【スバル・レヴォーグ】試乗評価は実際に乗って…良いの?悪いの?

【スバル・レヴォーグ】スペックや加速性能、乗り心地はどうなの?

【スバル・レヴォーグ】エコカー減税で自動車税の費用が減るのか?

【スバル・レヴォーグ】サイズ比較とサイズ感は?他車とも比べる

【スバル・レヴォーグ】モデルチェンジ予想!情報・時期はどうなの?

【スバル・レヴォーグ】外寸や外装は?機械式駐車場に入るのか!?

【スバル・レヴォーグ】安全性はどう?自動ブレーキはいいのか!?

【スバル・レヴォーグ】維持費やローンは?残価設定にすべきなの?

【スバル・レヴォーグ】STI Sportは何が違う?紹介します!

ピックアップ記事

  1. ステーションワゴンの車種で車を選ぶ時に候補に挙がる、スバル・レヴォーグとトヨタ・カローラフィールダー…
  2. スバルで人気を二分するレヴォーグと、アウトバック。正統派ステーションワゴンへの道を歩んできたレヴ…
  3. 結局、ディーラーによる下取りと専用店による買取はどっちがよいのか?分かりずらくて困ったことは…
  4. オイル交換はどこでどれぐらい、どんなオイル粘度のものを入れたらいいか難しいですよね?選ぶオイルや…
  5. ミニバンタイプや軽自動車が主流の現在にあって、ステーションワゴンへのこだわりをしっかりと受け継ぐスバ…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP